女性の永遠のテーマともいえる「ダイエット」ですが、薄着の季節が近づいてくると、特にダイエットを始める人が増えますよね。

ダイエットにもいろいろな方法があり、王道は食事制限と運動ですが、数年前に酵素ドリンクを使って10kg以上のダイエットに成功した人がいることから、酵素をダイエットに取り入れる人が増えてきました。

ただし、酵素ドリンクを使ったダイエットは、いわゆる「置き換えダイエット」で、3食のうち、1食ないし2食を酵素ドリンクに置き換える、もしくは2日間、酵素ドリンクのみで過ごすという方法を取り、摂取カロリーを抑えられるため、痩せられたともいわれています。

◆酵素で痩せるのはウソ!?

極端なことを言えば、ダイエットを成功させるなら、食べないことが一番確実です。運動でカロリーを消費することも可能ですが、運動だけで痩せることは、ほぼ不可能です。

酵素ドリンクや、よくある置き換えダイエットで痩せるのも、摂取カロリーが少なくなるため痩せるだけで、食べる量を元に戻せば太ります。

そこで、「酵素」が新しいダイエットのアイテムのように登場したイメージがありますが、酵素は食べても飲んでも、それだけで痩せることはありません。

酵素は潜在酵素として人の体に元々あるものですが、潜在酵素は、人が生きるために使われる代謝酵素と、食べたものを消化するために使われる消化酵素に分かれます。

人の体は、食べた物を消化することを先に行おうとします。食べる量が多ければ多いほど、消化酵素が増えます。そうなると、代謝酵素に回る分の酵素が少なくなり、結果、新陳代謝が悪くなり、消費カロリーも低くなってしまいます。

しかも、潜在酵素は年齢と共に減っていきます。そのため、益々代謝酵素が少なくなる計算になり、太りやすい体になってしまいます。こちらもおすすめ⇒ファティスタ 効果