世界の情勢は、可なり各地域の組み方や協力体制に国内情勢で、大きな動きが、出てきております。これは、国連の指導役と地域関係も希薄になりつつあります。大変残念でありますが、各国の内部情勢で動き、内部に色々な問題と経済環境を含んでいる。又、政治基盤も弱い、国民の労働者状況も変化して、更に、難民の受け入れや状況が、見えない。
イスラッム国とシリア内戦等、ロシアとEU地域の関係と南アジアと東アジアと中国と北朝鮮のわがまま行動の問題で、世界の安全保障も大きく変貌し始めている。特に、中国の動きは、国際社会での責任ある行動で無い。特に、南アジア(人口島の軍事目的)の海を戦略的に確保し、自分の支配を広げる行為は、国際社会から忠告されている。都合よい話です。特に、東アジア(日本との島の問題)で、国際法上での重視したことで無い行動をしている。更に、北朝鮮への世界からの制裁中で、食料物資等の隠れみの中で、原油、部品等を出している。これでは、経済制裁をしても無理である。アメルカは、大統領選挙前で落ち着きない状況であることで、世界の情勢に不安定な状況で、各国が、自国の利益の為に、動き、発言等を出して、動き始めている。危険性を含みつつある。世界のリダーを作りたがらない状況です。しかし、戦勝国が、拒否権を振りかざしている国連の力不足を感じる。管理人のお世話になってるサイト⇒http://xn--dckc5fza1fyb7ac0etk1910g.biz/