電動鼻水吸引機である、「メルシーポット」と「スマイルキュート」。

2つとも、据え置き型の電動鼻水吸引機です。
どちらを買うか迷っているかたのために、それぞれの違いを比較してみました。

メルシーポットとスマイルキュートはどこが同じでどこが違うの?
この2つの製品に共通しているもの、それは「実売価格」です。

同じ価格なのであれば、機能や、お手入れ方法などをもとに選ぶ、ということになりますね。

それでは、違いとなるのは、どのような点でしょうか。

・吸引力
用途を考えると、やはり鼻水の吸引力は重要となってきますね。
この「吸引力」は、排気流量をもとに考えるのだそうです。
それぞれの、1分あたりの排気流量は、

メルシーポット=15リットル
スマイルキュート=13リットル

となっており、吸引力の強さは、数字の大きさに比例するそうです。
それをもとに考えると、メルシーポットのほうが若干吸引量は強い、ということになります。

・重さ
子供が風邪をひいてしまうと、なかなか出歩くこともないことから、持ち運ぶことは少ないかもしれません。
しかし、どこか別の場所で使用することがある場合は、重さも考慮する必要があるでしょう。
メルシーポットは1.25キロ、スマイルキュートは1.5キロとなっています。

・音
実際に両方を使い比べたかたによると、スマイルキュートのほうが音は小さいようです。
小さな子供に使うことを考えると、音の大きさも選ぶポイントになりそうです。

お手入れのしやすさが決め手!?
吸引力も、重さも、数字的には大きな違いがないようです。

では、お手入れ方法の違いはどうでしょうか。
スマイルキュートの場合、先端ノズルに鼻水が溜まります。
そのため、使用後は、その先端ノズルを洗う必要があります。
ボトルやチューブは汚れたときに洗えばいいようです。

メルシーポットには先端ノズルというものはないことから、ボトルチューブやノズルを洗う必要があります。
これらは、丸洗いすることができる、洗いやすい構造になっています。

洗うパーツが少ないのはスマイルキュート、
洗いやすいのはメルシーポット、
となるようですね。

どちらを使うにしろ衛生面を考えると、使用したパーツは、必ず毎日洗浄して清潔にしたいものです。

まとめ
音や重さ、洗いやすさなど、ライフスタイルなどにより、選ぶポイントは異なるかと思います。

大手通販サイトでは、実際に使ってみたかたのレビューが多数紹介されています。

また、両者を使い比べたかたの感想が読めるサイトもあります。
購入にあたっては、レビューやサイトなども参考にしてみるといいかもしれません。続きはこちら>>>>>http://brightage.xyz/