秋篠宮家の眞子様がご婚約されたというおめでたいニュースが入ってきました。相手の方との出会いは、眞子様のご両親が出会った時と同じように、大学でのご学友ということで、紀子さまと同じ出会い方で微笑ましく感じられました。当時、秋篠宮殿下と紀子様がご結婚されるときは、社会現象となり、清純な雰囲気の紀子様フィーバーが起きて、日本中がおめでたくて明るくなりました。眞子様のご婚約の相手の方は、イケメンで賢そうな、語学堪能で誠実で優しそうな礼儀正しい、非の打ちどころのなさそうな好青年で、この方とご結婚されたら幸せになれるだろうと思う、一般人の良い方を選ばれたなと思いました。相手の小室さんは、お父さんを亡くされて、お母さんを守っていきたいという言葉を話されていたということで、ご苦労もされているので、人間的にも深みのある方ではないかと思います。意外だったのは、鎌倉や横浜みなとみらいへ、電車に乗ってデートを重ねられていたという話を聞いて、庶民的な感じで親近感がわきました。お付き合いをはじめられたのも、5年前ということで、相手が皇室の方だと責任感も普通ではないと思いますし、はじめからご結婚を考えられていたと思います。その重責をしっかり受け止められる、しっかりした方だというのは、テレビで観て感じられました。お二人とも、海外での留学や生活されていて、語学が堪能でいらっしゃるので、将来海外でご活躍されるかもしれないのも、新しく開かれた感じがして、親近感が増します。日本は、いろいろ暗いニュースも多い中、おめでたい明るいニュースが舞い込んできて、嬉しいです。今後、マスコミが、追っかけをするんだろうなと想像しますが、結婚式まで、しばらく幸せなニュースが見られることは良いなと思います。知性溢れた素敵なカップルで、今後のご活躍をお祈りしたいです。皇室にとっては、女性宮家が減少することは損失になってしまい議論になりそうですが、将来、素晴らしい方が皇室にお婿さんとして入ることができたら、素敵だなとも思いました。